「今年の年末は近場だけどどこか暖かいところで過ごしたい!」と選んだ先はずっと行ってみたかったサンディエゴに。
とはいえ、ちょうど一年前に訪れたシカゴが天候トラブル(というのは適当な言い訳だというのは一目瞭然)で帰国も延期させられるという最悪な事態に。
その上ちょっとあり得ない航空会社の対応と街では心無い人種差別的な罵倒で1週間の旅はげっそり疲れて帰った記憶が(涙)
サンディエゴはきっと大丈夫!と言い聞かせつつ出発するもひどい大雪。
それでもなんとか出発です。

clam chowder

行きは特典航空券だったのでサンフランシスコ乗り継ぎに。
のんびり早めの夕食とビールを堪能しつつ次の搭乗を待ちます。
とてもお腹が空いていたのでYankee Pierのクラムチャウダー、ボールサイズをオーダーするも半分にも到達できない量でした。
夫の言うとおり「どうせ食べきれないからカップサイズにしておけば?」という言葉にしたがっておけばよかった…。

さて、次のフライトはビールでほろ酔いなのでぐっすり眠っているとあっという間に到着。
入国審査はカナダ側で済ませているので荷物を受け取ったらすぐに街に向かう事ができます。
サンディエゴ空港からはダウンタンがとっても近くて便利!
タクシーも簡単&安全で予想していたホテルチェックイン時間よりもずっと早く到着。

スライドショーには JavaScript が必要です。

今回は前半ほとんどホテルに居ないと思われるので、まずはどこにいくにも便利そうだったお手頃ホテルのコートヤード サン ディエゴ ガスランプ / コンベンション センターに決めました。
実は後半も同じダウンタウン内のコートヤードだったのですが全くキャラクターの違うホテルで飽きる事なくホテルライフを楽しむことができました。

こちらのホテル、レビューではとにかく「狭い!」とのコメントが多くちょっと覚悟していたのですが、アジア人の私たちにはむしろちょうどいい広さ。
というか、部屋に対してバスルームが広すぎる感が。
ウェルカムドリンクはなんとルーフトップバーオリジナルのバーボン(?)
フロントデスクで小さな樽から注いでくれます。

荷物を解いてちょっと落ち着いたらとりあえずダウンタウン散策へ。
とにかく驚いたのが街がとても綺麗だと言うこと。
人通りも思っていたほど多くなく落ち着いているけど、アメリカンなネオンにワクワクもあるそんな感じの街で一瞬で大好きに。

San Diego Down Town

2ブロック程散策してなんとなく街の雰囲気がわかったので、ホテルすぐにある老舗パブでビールを飲むことに。

Tivoli Bar and Grill

常連さんばかりな印象だけど、いかにもな旅行者の私たちにもとても気さくに話してくれとても居心地のいいお店でした。
注:ビールの中身とグラスの銘柄は違います。

サンディエゴの地ビールで喉を潤してホテルに戻ったら明日に備えて即就寝Zzzzz

コメントを残す