用途:和食、中華、マレーシア料理など
保存:高温多湿を避け冷暗所に保存

東南アジア料理でよく使われるシーユーダーム(タイ)、ダークソイソース、老抽(中華系)などは辛口と甘口があって、安価なものだと表示成分をみるとカラメル色素がどちらにも使われている事が多いです。
カラメル色素は種類によって発ガン性があったりなかったり...
その辺りは表示成分ではわからないのでなんともいえないのですが、私個人の感想としてどうにも人工的なカラメル臭が鼻についてしまいます。

そこで、最近愛用しているのがたまり醤油。
トンポーローやガパオ、マレーシア風まぜそばなどを作るときにこのたまり醤油と砂糖やはちみつを合わせて使用しています。
ただ、日本のたまり醤油は上記のアジア系のダークソイソースに比べると塩分が高いく大豆の味が強いので、使う量は少なめがポイントかなと思います。

ちなみにカナダ BCで作られているAMANOのオーガニックのたまり醤油やお味噌はこちらでも少しこだわったスーパーマーケットなどで気軽に手に入り、愛用しています。

コメントを残す