二日目のディナーはプラパカーン・バーン・アンパー、Prapakarn Baan Amper(ประภาคาร บ้านอำเภอ )というレストランへ。

実はホテルから徒歩で行けるプリーチャという有名シーフード店でがっつり飲むぞー!!と意気込んでいたのですが、なんと休業中でした(号泣)

私たちが呆然と立ち尽くしている間にもどんどん車がやってきては引き返して行きました...。
仕方がないのでトボトボとホテルにもどって前日と同じくプーペンにでも行く??と悩みつつ。
のどかな雰囲気を楽しみました。

さて、戻りがてら発見したのが1枚目の写真のお店。
お腹も空いていたのでえーい!と飛び込み、まずはビールを。

多分、今までタイで飲んだ中で最強にひえっひえのビールでした。
がっつりジョッキが凍っていて結構歩いたあとには堪りません!

頼んだお料理はこんな感じ。

シーフードの盛り合わせはプーペンのあとではちょっと残念な感じでした。
全てが乾いてるかんじといいましょうか。
後のお料理はなかなかに美味しかったです。

雰囲気も良く、店内は静かないいレストランなんですが...。
日暮れ頃から海岸沿いにぞくぞく集まってきた地元若者の車から聞こえる爆音がすごくて(汗)
流れる音楽はもちろんルクトゥン(演歌っぽいタイ歌謡曲)なんですが、一台からだけならばともかく、それぞれの車から別の曲が流れてて「やめてくれーーー!!」の一言。

ということでタイ、最後のディナーはちょっと残念な結果に。

プラパカーン・バーン・アンパー (ร้าน ประภาคารบ้านอำเภอ/Pra Pa Karn Baan Am per)


もう一軒、チェックアウト後朝食がてら立ち寄った屋台です。

朝8時から開いています。
最初は夫も私もヌードルをたのんだのですが、他のお客さん続々オーダーしているダックライスも追加オーダー(笑)
このお店、女性陣の働きも手際よくって、軽くローカルご飯を味わうにはオススメかなと思います。
看板の「魚蛋面」という漢字が目印です。

ก๋วยเตี๋ยวต้มยำ กะเพราปู รสเด็ด

コメントを残す