随分と更新が滞ってしまいました。あっという間に2019年も残すところあと2ヶ月ちょっとですね。
こちらカナダでも早速咳風邪が流行っているようで、昨日早速インフルエンザワクチンを打ってきました。
皆様も季節の変わり目、くれぐれもお体に気をつけてください!

さてさて、今年も昨年に引き続きまして「日本から買って帰って良かったもの」というか「(母に無理やり)持ってきてもらったもの」を独断と偏見でご紹介させていただきます。

折りたたみ水切りラック

コレコレ!こんなのが欲しかったのよ!な 水切りラックです。

良い点

    • 折りたためる
    • 場所を取らない
    • 水切れが良い
    • 洗いやすい
    • 食器が安定しておける
    • 食洗機オッケー

残念な点

    • 耐久性が若干心配

それくらいしか今のところ見当たりません。

なぜか二つに別れたシンクが主流のカナダ。
片側に思いっきりお水を張って食器を貯めて洗う、というやり方の人が多いというのが理由かと思うのですが、大きなフライパンやホットプレートなど洗いにくいことこの上ない!
そして、カウンターの上にはできるだけものを置きたくない性分なのですが、木製のお椀やお鍋など食洗機に入れないものを干す場所に困っていました。
ちなみに今まで使っていたのは布製でクッション性のあるマット。
洗濯が面倒だし、衛生面もちょっと気になる...

そして買って1ヶ月ほどでお蔵入りしたこちら↓
そこが丸いので食器が安定しにくく、野菜を洗うのには便利かな?とおもったのですが、シンクの片側が完全に使えなくなることと、水切れが悪いことこの上なく...速攻でお蔵入りでした。

そして、気がつかなかったのですがこの折りたたみ式水切りラック、Amazon.ca(カナダ)にも同じような商品が売っていました(汗)少々お値段は高くなりますが、わざわざ母に持ってきてもらうまでもなく、反省です。

ステンレス製米とぎボウル

えっーーーーっと.......
実はこちらも似たようなものが、カナダのアマゾンで取り扱っていました(汗)
「お米研ぎ用だし、こちらにはないでしょう〜」という思い込み、ダメですね。
ほんと、ここ数年でアマゾンカナダ、大きく進歩しましたね〜(言い訳)
ル・クルーゼのココットエブリィでの炊飯がすっかり定番になっているのですが、ボウルでお米を研いでザルにあけて、ココットエブリィに移して...あー水がポタポタ落ちた!とやってるうちに「えーーい面倒じゃわい!」となりまして、一つでも過程を省略できないかと探してたどり着いたのがこちらの商品。

良い点

    • 底の角度調整でつけ置きから水切りまで角度を変えるだけでできる
    • 野菜やフルーツを洗ったり、和え物などにも便利
    • 色づきが気にならない
    • 食洗機オッケー

残念な点

    • タイ米のジャスミンライスは穴に詰まる(多分バスマティライスも)

日本米(小粒のカリフォルニア米でも)の場合は問題ないのですが、ほんのもう少しだけ穴が小さければ...。
という事で「今年買って良かったもの!」の二番手となりました。

他にも年内に「もっと早く買っていればよかった〜!」なものと出会えたら随時更新したいと思います!