おんたま
おんたま

こんにちは、おんたまです☺️
日本では桜の開花が発表され、一気に春の気配かなと思います🌸
木々の花々が咲き出すのはまだまだ先のアルバータ州ですが、氷点下の日も減ってきたので、冬タイヤと早々におさらばしてきました😆
今日は2018年の思い出話です。

まさかのシステムダウン

大慌てで帰国した2018年の今頃。
空港ホテルのクラブラウンジでビールを飲みつつ夕飯を食べたのは遠い遠い昔のようです。
お一人様の時に限っていいお部屋にアップグレードされるという不思議😅

滑走路が目の前のお部屋🛫
一人での宿泊でも飽きません。

さて、次の日。
朝の便に乗るべくちょっと早めにターミナルに向かうとなんだか騒々しい。
どうやらエアカナダがシステムダウンにより国内線全便欠航らしい、と皆が立ち往生しています。

私が乗る予定だったのは、カルガリー発バンクーバー行きのエアカナダ 。
バンクーバーからは全日空便。
カウンターは完全にシャットダウン状態でとにかくコールセンターに電話して自分でなんとかせい!とイライラしたスタッフに吐き捨てるように言われ💦

大慌てでの帰国は父が危篤とのことで「ご家族コール」が主治医からあり、仕事をざっくりキャンセルしてとりあえず1ヶ月帰国することになった為。
なのに、飛行機に乗れないって、どゆこと?

コールセンターには割とすんなり繋がったのですが、代替の便が見つからない。
「ウェストジェット便は飛んでいるのでそちらを自腹で払ってバンクーバーからの全日空便に乗ります!」と言っても、そうすると全便キャンセルになるので全日空便には乗れない、となんとも融通が効かない🤛

アメリカ経由での便を検索しまくってもらうも、ニューヨークに行ってそこから乗り継ぎ、乗り継ぎで結局日本への到着は2日後とか、どうにもならない😭
そうこうしているうちにどんどんバンクーバー行きのウエストジェット便は出発して行き、人生の中でもかなりの苛立ちを感じました。

結局落ち着いたのは次の日発のエアカナダ成田行きの直行便。
それが1番早く到着できる方法らしい…。

地上スタッフに代替チケットの発券をお願いしてる間、恥ずかしながら父の最期に間に合わないかもと思うとポロポロと涙が溢れてきてしまい、事情を話すと「Very sorry」とホテルの部屋を用意してくれ、おまけにお食事バウチャーを多めにくれました。

それでもどうにも腑に落ちない気分でいっぱい。
母にことの顛末を話すと母も泣き出す始末。
用意されたホテルに着いてもどうにも諦めきれず、もう一度コールセンターに電話してほかに本当に便は無いのか聞いてました。

今思えば諦めが悪すぎ😅

どうにもならないと飽きらめたらめちゃくちゃお腹が空いて、ひとりで思いっきり食べました😅
もちろんバウチャー目一杯使って🎫

そんなこんなで次の日成田に向かう便。
まだ前日の混乱が続いている空港…。

はい、思いっきりディレイ💧

さらに、成田から伊丹に向かう便がどう考えても無理!な乗り継ぎ時間なのに、カウンタースタッフは「大丈夫でしょう〜」と全くやる気なし、素っ気無しの返事。

くぅぅぅ〜と腹が立つのを我慢してとりあえず搭乗✈️

で、やっぱりね。
成田に到着したらスタッフさんが私のネームカードを持って立ってました。
「申し訳ありませんお乗り継ぎができません、次の日の早朝便に振替になります」と言われたのですが、流石にここは食い下がって事情を話し自腹でもいいので最終便に振り替えて下さい!とお願いしました。

流石日本のスタッフさんの対応はカナダとは別次元です。
一生懸命走り回ってくれ、偶然インドネシアからの乗り継ぎ予定だった人の席に空きが出たところを押さえてくれました🙏
しかもプレミアムクラス✨


富士山がひときわ綺麗に見えました。

未だに心残りなのは、あまりに疲れすぎて高級料亭のお持ち帰り用お弁当の機内食を断ってしまったこと。
いろいろ大変だったとはいえ、そんな素晴らしいものを断った私、馬鹿すぎ💦

自宅になんとかかんとかたどり着き、スーツケースを玄関先に放り込んでそのまま病院へ💨

長くなったのでその2に続きます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
よろしければ🖱お願いします♪