味が理想に近づいてきたので覚書

昨年メキシコに滞在した際に食べまくったセビチェとアグアチレ。
今住んでいるカナダ内陸部ではとにかく新鮮なシーフードを手に入れるのが難しく、シーフード大好きな私は「これでもか!」というくらい現地で食べてきました。

驚いたのはお店によって本当に味が違うこと。
酸味が強めなマリネ状なところもあれば、ほとんどお刺身感覚なところまで。

そして材料も千差万別。

そんなセビチェ。カナダに戻ってからも冷凍のお魚などを使いあれこれ試してきました。
最近だいぶ味がまとまってたので覚書としてレシピに残しておきたいと思います。

セビチェとアグアチレ

セビチェ(手前)と黒のアグアチレ

セビチェは以前からメキシコ料理店などで馴染みがあったのですが、現地のレストランで初めて知ったアグアチレ(Aguachile)。

調べてみたところ、アグアチレは「水+チリ」という意味でセビチェよりも辛くて水分が多く、メキシコだけにみられるお料理のようです。(間違っていたら教えてください)

一方、セビチェは中米&南米でもみられるお料理で、使う材料はアグアチレに似てますが辛さは控えめのところが多いようです。

数種のハバネロソースで雰囲気アップ

多くのメキシコのホテルやレストランでは赤、緑、黒の基本のハバネロソースに自家製のソースも数種類置いていることが多く、ソースによって味変を楽しむようになっていました。

オーソドックスな赤がやはり使いやすいのですが、私はスモーキーな味の黒も結構好きです(ファイヤーローステッドトマトを使っているのかと思います)

使う材料はお好みでアレンジを

王道は新鮮な生の白身のお魚やエビかなと思いますが、私が美味しいと思ったのはエビ、タコ、魚などのミックスセビチェ。
他にもホタテや貝、そしてSURIMI=カニカマなんてのもありました。

今回はカナダ内陸部でも手に入りやすいエビ、タコ、そしてサーモンで作っています。
いろいろ揃えるのが面倒!という方はシーフードミックスを茹でて使っても美味しいかと思います。

またシーフード以外はトマト&キュウリという組み合わせが多くみられたのですが、私自身アボカド入りが気に入ったので、今回はキュウリの代わりにアボカドを使用しています。

レシピ

セビチェ (Ceviche)
Print Recipe
ミントで爽やかな味のセビチェです
分量 下準備
4 人前 15分
調理 所用時間
10分 25分
分量 下準備
4 人前 15分
調理 所用時間
10分 25分
セビチェ (Ceviche)
Print Recipe
ミントで爽やかな味のセビチェです
分量 下準備
4 人前 15分
調理 所用時間
10分 25分
分量 下準備
4 人前 15分
調理 所用時間
10分 25分
材料
  • 150 g 刺身用茹でタコ
  • 150 g 刺身用サーモン
  • 100 g エビ (茹でて殻、尾を取っておく)
  • 半個 アボカド
  • 半個 トマト
  • 5~7 ミント (もしくはパクチー)
  • 1/8 紫玉ねぎ
  • 1 にんにく
ドレッシング
  • 1/2 個分 レモン汁
  • 1/2 個分 ライム汁
  • 1 小さじ はちみつ
  • 1 小さじ
  • 1/2 小さじ 黒胡椒
  • ひとつまみ クミンパウダー
  • 1/2 小さじ ハバネロソース
分量: 人前
作り方
  1. エビは茹でて殻を取って食べやすい大きさに切っておく。茹でタコ、刺身用サーモンもエビと同じくらいに切っておく。
  2. にんにくはみじん切り。アボカド、トマトも魚類と大きさを合わせて刻む。 ミントもみじん切りにする。
  3. 大き目のボールにドレッシングの材料を入れて合わせおき、全ての材料を加えて混ぜ合わせたら15分ほど味をなじませて出てきた水分を軽くきってから食卓へ。
レシピのメモ
  • ちょっぴり酸味が強めの味になっています。酸っぱいのが苦手な方はレモン&ライムの量を少し減らしてみてください。
  • クミンパウダーはなくてもいいのですが、これが入るだけでグッと味が引き締まります。
  • 辛いのが苦手な方がいる場合、ハバネロソースを入れないで別添えにしても。
  • マリネの時間でお魚の状態が変わります。混ぜ合わせて冷蔵庫で1〜2時間置いておくと酢締め感が強くなります。(私はこの状態も好きです)