手間はかかりますが充実感あります

もう20年近く前のこと。
初めてタイに行った後、すっかりタイ料理に惚れ込んでしまい何冊かタイ料理のレシピ本を買いました。

その本は転居を重ねるうちにどこか行ってしまってもう手元にないのですが、今でも作り続けているのがその中にあった手羽餃子。
日本でもポピュラーなメニューでしたが春雨の入ったこのタイ風の手羽餃子が好きになり、以来自分なりにアレンジしつつ年に数回は作りづつけています。

でも...よく考えてみたらタイに住んでいた時にレストランでこのメニューに出会ったことはありません(笑)
多分日本人によるアレンジメニューなのかもしれません。
そして20年近く作り続けてきた手羽餃子は”おんたまアレンジ”になっているのかと思います。

そんなタイ風手羽餃子。ちょっと手間はかかりますが、おうちごはんの機会が増えている今、よろしければお試しください。

キッチンバサミのご用意を

まず、手羽先の中の骨を取り出すのですが、キッチンバサミでまず二本の骨の間を切りってから骨の周りの肉の繊維を切りとるような感じで行くとうまく行きます。

慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、コツを掴むと写真のように綺麗に二本の骨を抜き取ることができるようになります。

キッチンバサミは何本か持っていて用途によって使い分けているのですが、二つに分解できる(かつ食洗機対応)タイプのものが食肉などのカットには向いているように思います。
分解してジョイント部分までしっかり洗えるものがおすすめです。

チキンとポークのマリアージュ

と、書くと少しこっぱずかしい感じですが、いつも食べるたびに「チキンとポークが合わさると美味しいなぁ」と。
初めてこのレシピに出会った時には鶏肉に豚ミンチいれるの!?と驚いたのですが、これが意外に合います。

また、手羽餃子は焼いても美味しいですが、私は断然唐揚げ派。
揚げたてを頬張ると「じゅわーっ」と肉汁が広がります。
ぜひ脂分多めの豚ひき肉を使ってみてください。

ちょっぴり多めに作って粉をはたいて冷凍しておけば、お弁当のおかずにも便利です。

レシピ

タイ風手羽餃子 (Chicken Wing Gyoza)
Print Recipe
春雨の食感が楽しいタイ風の手羽餃子です
分量 下準備
10 本分 30分
調理 所用時間
15分 40分
分量 下準備
10 本分 30分
調理 所用時間
15分 40分
タイ風手羽餃子 (Chicken Wing Gyoza)
Print Recipe
春雨の食感が楽しいタイ風の手羽餃子です
分量 下準備
10 本分 30分
調理 所用時間
15分 40分
分量 下準備
10 本分 30分
調理 所用時間
15分 40分
材料
  • 10 手羽先
  • 1 大さじ 醤油
  • 1 大さじ 料理酒
  • 適量 小麦粉
  • 適量 片栗粉
  • 適量 揚げ油
餃子あん
  • 110 g 豚ひき肉
  • 20 g むき海老
  • 15 g 春雨 (ぬるま湯で戻しておく)
  • 2 パクチー (もしくは青ネギ)
  • 1 にんにく (おろしニンニク)
  • 1/2 大さじ ナンプラー
  • 1/2 大さじ オイスターソース
  • 1 小さじ 砂糖
  • 1 小さじ 鶏ガラスープの素
  • 少々 胡椒
むき海老の下味
  • 適量 料理酒
  • 適量 片栗粉
分量: 本分
作り方
  1. 春雨はぬるま湯で戻して細かく刻んでおく
  2. むき海老は酒で下味をつけ片栗粉を少量もみ込んでおく
  3. 手羽先の骨、二本を抜いていき、醤油と料理酒(もしくは液体塩麹)で下味をつける
  4. にんにくはすりおろし、エビは細かくみじん切りにし、餃子あんの材料をしっかり粘り気がでるまで混ぜ合わせる。
  5. 下味の付いた手羽先の水分をキッチンペーパーなどで軽く拭き取り、餃子あんを詰めていく。
  6. 片栗粉と小麦粉を半々に混ぜ合わせ、手羽先にまぶしていく。
  7. 170℃ほどに熱した揚げ油でゆっくり目に揚げた後、高温の油で二度揚げし仕上げる。
  8. 餃子あんが余った場合は半分に切ったライスペーパーに包んでベトナム風揚げ春巻きに。
レシピのメモ
  • 写真は50gの春雨を戻しているところです。全部は使いませんので残りはサラダやスープなどにお使いください。
  • 餃子あんを混ぜ合わせる時には調理用のビニール手袋を使うと便利です。
  • 手羽先は小さ目のものを使用しています。大ぶりのものの場合はすべての分量を少し増やしてください。