昨年末に台湾に出張した際、遊びに来てくれた母に持ってきてもらったル・クルーゼのココットエブリィ
インナーリッドも合わせてその重さ実に3Kg。
鬼娘です...。

カナダに移住してから、いつか買おう買おうと思いつつ、デザイン的に気に入ったものがイマイチ見当たらず、炊飯器なしの生活は気がつけば10年近くに。
母に重たい思いをさせてまで持ってきてもらった念願のココットエブリィで作りたかったのは、もちろん白いごはん。

今までは同じくル・クルーゼのココットロンドでご飯を炊いていたのですが、どんなに長時間浸水させても、多めの水で炊いてもパサっとした食感、もしくは水が多すぎてべちゃっとした食感に。
また、失敗とまでもいかないまでも日によって炊き上がりにムラもありました。

そんな待望の炊飯に特化したココットエブリィを手に入れて、張り切ってご飯を炊くこと数回、が、失敗の繰り返し(涙)
ル・クルーゼのホームページにある、そして今までやってきた「沸騰したら弱火に落として10分」のやり方をこのココットエブリィですると、上はパッサパサ、下はべちゃっとご飯がつぶれてしまっているという、なんとも悲しい状態に。

失敗を繰り返しながら、じーーーーっと張り付いて見ていると気づきました。
我が家は5口のコンロ(IHではなくて電気コンロ)で、手前左側のコンロは二重になっていて内側の小さな円はこのココットエブリィのサイズにぴったり!なんですが、パワーを最大にしないとほとんど赤くなっていない(=加熱していない)んです。
なのでこの電気コンロの小さい方でレベルを中〜弱にすると日本のIHなどの弱火よりもずっと弱いのかも!?という結論に。

ということで、日本のお台所には当てはまらないかもしれませんが、やっと成功するようになったココットエブリィでの炊飯の覚書です。

■成功の秘訣は土鍋の炊き方にありました■

ちょっと大袈裟ですが、いろいろ調べてみると、このココットエブリィと同じく二重蓋構造の土鍋で用いられる炊飯方法と同じ方法、中火(我が家の電気コンロでは最大火力)で水蒸気がでるまで一定の温度で加熱し、水蒸気がでてきたら約1分で火から下ろして15分間蒸らすというやり方で、やっとふっくらつやつやに炊き上がったご飯とご対面(涙)
(追記: お焦げを作らない場合は、水蒸気が出たらすぐに熱源からおろしてください。)

■軽洗米の新米は水少なめがベター■

ココットロンドで炊いた時と圧倒的にお米の炊き上がりの水分量が違います。
乾燥のひどいこの地ではお米に対し水が1対1ではとんでもなくパサッとした仕上がりになっていたのですが、このココットエブリィでは二重蓋構造のためか1対1で十分な水分量でした。
また新米の場合は1対1より少なめの水量がいい感じに仕上がります。

■タイ産のジャスミンライスはやはりお水多めで■

我が家ではタイ産のジャスミンライスを食べる方が多いです。
私が作る料理は夫にあわせて中華料理やタイ料理が多く、日本のお米よりもタイ米の方が相性がいいのが主な理由ですが、やはりお値段もカリフォルニア産の高級日本米に比べて随分お求めやすいというのも大きなポイント。
日本米に比べて粒の細いジャスミンライスですが、なぜかお水の量は1対1より多めが美味しく仕上がります。

また、浸水時間なしでもお水を多くすれば美味しく炊き上がるのがタイ米のいいところ。浸水時間なしの場合はタイ米2合に対して420mlのお水でお試し下さい。

■揚げ物が感動的に美味しく仕上がる■

余談ですが、このココットエブリィでサーモンフライを作ったのですが、我ながらかなり美味しく仕上がりご機嫌に♪

ご機嫌の理由は味だけでなく、今まで揚げ物でのイライラの種であったひどい油飛びがこの深さのおかげで大幅に抑えられ、お掃除がラクラクになったというのもあります。
また、小ぶりで深さのあるシェイプのおかげで少ない油の量で具材がしっかり浸るのも嬉しいボーナスでした。

このココットエブリィと残念ながら日本は未発売ではありますが、22cmのマットブラックのブレイザー(ビュッフェ・キャセロール)の二つは二人暮らしの我が家のキッチンには欠かせないアイテムとなっています。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ココット・エブリィで炊飯
Print Recipe
ココットエブリィで白米の炊き方
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
11分 1時間
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
11分 1時間
ル・クルーゼ(LE CREUSET) ココット・エブリィで炊飯
Print Recipe
ココットエブリィで白米の炊き方
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
11分 1時間
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
11分 1時間
材料
カリフォルニア産こしひかり
  • 2 カリフォルニア産こしひかり
  • 360 ml
カリフォルニア産こしひかり(新米)
  • 2 カリフォルニア産こしひかり 新米
  • 340 ml
タイ産ジャスミンライス
  • 2 タイ産ジャスミンライス
  • 400 ml
分量: 人前
作り方
  1. お米を研いで30分ほど浸水させる
  2. 一旦ざるにあけてからココットエブリィにお米を移す
  3. 分量のお水を入れインナーリッドと外蓋をして火にかける ※北米などの電気コンロの小さな方はHi Level ※IHまたはガス火の場合は中火
  4. 11分経ったら火から下ろす。 ※タイミングの見極めは蓋から蒸気が吹き出して約30秒〜1分
  5. 必ず熱源から離して20分蒸らす
  6. 蒸らしが終わったら底から満遍なくかき混ぜる
レシピのメモ
  • 手順はタイ米も日本米と同じです。
  • 水分量はお好みで調整してください。
  • すし飯の場合は新米同様、水少なめがベターです。
  • お焦げを作りたくない場合は水蒸気が出てきたらすぐに火から下ろしてください。

 

コメントを残す