タイ料理の中でも辛くない、中華系タイ料理の定番料理、グンオップウンセンのレシピです。

タイ料理で春雨といえば真っ先に「ヤムウンセン」が思いつく方も多いと思います。
こちらも手軽で美味しいのですが、現地で食べると火を吹くほど辛いことが多いです。
逆にこの辛さがないと私の中ではヤムウンセンではないような…。
一方、こちらのオップウンセンは唐辛子を使わないので大人から子供まで楽しめる味付けです。

また、海老と春雨だとグンオップウンセン、蟹と春雨だとプーオップウンセンになります。
どちらもメジャーで美味しいのですが、自宅で手軽にできるのは海老かな?と思います。
揃える材料は少し多いのですが、出来上がりは揃えた甲斐がある美味しさです。
是非お試しください。

調理のヒント

主役とも言える春雨はできれば緑豆春雨、できればタイ産のグンオップウンセンの写真が描かれているパッケージのこちらを用意してみてください。
ダントツに美味しいです!
麺が白いものと写真のように少し黄色がかったものがあるのですが、漂白と無漂白なのかな?と想像していますが、いまいち違いはわかっていません(誰かご存知の方教えてください!)

海老は有頭海老を用意してください。
写真はこちらでもポピュラーなタイ産の冷凍淡水海老です。
解凍した後、頭の先が鋭いのでキッチンバサミで切っておくと食べやすいです。

胡椒は本来は粒の黒胡椒をクロックで潰すのですが、手軽な黒胡椒で代用しました。
用意できる方は粒胡椒をご使用ください!

★美味しくできたらコメントいただけると、もしくはインスタをフォローいただけると励みになります!

この料理はタイ在住時代からよく作っていたontama流です。
英語ですがこちらのビデオはほとんど同じレシピでわかりやすいのでオススメです!

それではレシピです!

グンオップウンセン (海老の春雨蒸し
Print Recipe
唐辛子を使わないので大人から子供まで楽しめる味付けです。 揃える材料は少し多いのですが、出来上がりは揃えた甲斐がある美味しさです。
分量 下準備
4 人前 30
調理 所用時間
10 40
分量 下準備
4 人前 30
調理 所用時間
10 40
グンオップウンセン (海老の春雨蒸し
Print Recipe
唐辛子を使わないので大人から子供まで楽しめる味付けです。 揃える材料は少し多いのですが、出来上がりは揃えた甲斐がある美味しさです。
分量 下準備
4 人前 30
調理 所用時間
10 40
分量 下準備
4 人前 30
調理 所用時間
10 40
材料
  • 80 g 緑豆春雨
  • 200~300 g 有頭海老
  • 100 g 豚バラ肉薄切り
  • 5~10 にんにく
  • 1.5 生姜
  • 適量 青ネギ
  • 適量 パクチー (根元もあれば使う)
  • 適量 中国セロリ (あれば)
  • 適量 粒黒胡椒 (もしくはあらびき黒胡椒)
調味料
  • 125 ml チキンスープ (鶏がらスープの素をぬるま湯で溶いておく)
  • 2 小さじ ブラウンシュガー
  • 2 大さじ オイスターソース
  • 2 大さじ 醤油
  • 1 小さじ ダークソイソース (なければたまり醤油で代用、その場合は小さじ2/3)
  • 1 小さじ ごま油
分量: 人前
作り方
  1. 緑豆春雨を約7分、ぬるま湯で戻しておく。
  2. 調味料の材料を混ぜておく。
  3. 海老は頭の先と足をキッチンバサミで切り、背中側に包丁を入れて開き、背わたを取っておく。
  4. 豚バラ肉は一口大に切っておく。
  5. パクチーは根元がついていたら切り取り、包丁の背などで潰して香りをだす。根元がない場合は茎の部分を取っておく。
  6. ニンニクは薄皮をむき包丁の背で潰しておく。生姜は薄切りもしくは千切りにしておく。
  7. 戻した春雨を食べやすい長さに切る。そのままでも可。
  8. 春雨に黒胡椒を適量ふり、調味料と海老を加えよく混ぜ合わせておく。
  9. 蓋つきのスキレットや鍋で分量外のサラダ油少々と豚バラ肉、ニンニク、生姜を香りが出るまで軽く炒める。
  10. 軽く炒めた豚バラ肉、ニンニクそして生姜の上にパクチーの根もしくは茎を並べ、その上から混ぜ合わせた海老と春雨をのせ、蓋をしないで一旦調味料を沸騰させる。 一旦沸騰したら弱火に落として蓋をし約3〜4分。
  11. 蓋を開けて一度全体を混ぜ合わせ再び蓋をして2分。 火を落とし、パクチー(葉の部分)と青ネギ、あれば中国セロリを散らし蓋をして食卓へ。
レシピのメモ
  • 春雨はできればタイ産の緑豆春雨を使ってください。
  • チキンスープはできれば無塩のものを使ってください。
  • 中国産のダークソイソースがない場合はたまり醤油で代用できますが、塩分があるので少し控えめの分量で。
  • パクチーの根っこの部分がついていない場合は茎の部分を使ってください。
  • お子様も召し上がる場合は胡椒の量を調整してください。
  • 水分が足りない場合、焦げ付きそうな場合は水またはチキンスープを追加してください。
  • 最後パクチーと青ネギ、(中国セロリ)を散らして一旦蓋をして香りを閉じ込めてください。
  • 蓋つきのスキレットを使うと簡単&雰囲気が出ます!今回使用したのは22cmサイズです。

コメントを残す