ソルティライチ誕生のきっかけとなったデザート

夏の定番、キリンのソルティライチ。
私も夏に日本に帰省するたび、お世話になっているシリーズです。
その誕生のきっかけとなったタイのスイーツローイゲーオ。
シンプルな材料で、おうちでも簡単にできます。

ライチだけでなくいろんなフルーツで

バンコク在住時代に食べたローイゲーオはトディパームという円盤みたいな平べったくて丸い果物やランブータンが多かったイメージです。
ライチだけでなく、日本ではパイナップルや、アプリコットなどで作ってみるのも良さそうです。
また、ライチの場合は甘さが強いので今回のレシピは甘さ控えめです。
お好みで調節してみてください。

ちょっと手間ですが薄皮は取った方ベター

大量にライチを剥くときには包丁で半分に切って殻から外し、種を取るのが便利です。
また、タネの周りに薄皮があり、普段そのまま食べるときには薄皮も一緒に食べちゃいますが、このローイゲーオにするときには薄皮は面倒ですが取った方が見た目が綺麗です。

クラッシュアイスをどう作る?

ハンドブレンダーなどで氷を砕くことが可能な機種もあるかと思いますが、我が家のブラウンのハンドブレンダーは氷不可。
なので、根気よく、乳鉢でトントンと崩してみました。
ランダムな氷の砕け方がかえっていい感じに。
乳鉢がない場合はビニール袋に入れて麺棒などで叩いて潰すのもいいかと思います。

パンダンリーフを入れるともっと本格的に

好き嫌いが分かれる香りではありますが、パンダンリーフが手に入ったらまず水とパンダンリーフを火にかけて沸騰させ、香りがでたら取り出し砂糖を入れてください。
他にもジャスミンエキスを入れたり、八角を入れたりと、オリエンタルな香りをつけることもあります。

食べる前にしっかり冷やして

出来上がったらすぐに食べたいところですが、一晩から1日しっかり冷蔵庫で冷やしてからお召し上がりください。

ちなみに今回のレシピの分量はジップロックのスクリューロックコンテイナー473mlにぴったりの量となっています。

レシピ

ライチのローイゲーオ(lychee Loy kaew/ลิ้นจี่ลอยแก้ว)
Print Recipe
暑い夏にぴったりのひんやり簡単デザート
分量
4
分量
4
ライチのローイゲーオ(lychee Loy kaew/ลิ้นจี่ลอยแก้ว)
Print Recipe
暑い夏にぴったりのひんやり簡単デザート
分量
4
分量
4
材料
  • 250 g ライチ (種、皮と薄皮を取っておく)
  • 300 ml
  • 100 g グラニュー糖
  • 1/2 小さじ 海塩
分量:
作り方
  1. ライチは殻をむき、種とその周りの薄皮をとっておく。鍋に水と砂糖を入れ砂糖がしっかり溶けたら塩とライチを入れる。
  2. ライチを入れて沸騰したら火からおろし荒熱をとる
  3. コンテイナーなどにいれ冷蔵庫でしっかり冷やす。
  4. 氷を乳鉢などで砕きクラッシュアイスを作る。
  5. クラッシュアイスを器に入れ、シロップと共にライチを持ったら完成。好みでミントを飾っても。
レシピのメモ

色が変わってくるので、しっかり冷やした後は出来るだけお早めにお召し上がりください。