今回は私がタイ料理の中で好きなメニュー、トップナンバー5に入る「プラームック・パッ・カイケム」のレシピです。

日本でもいろんなエスニック食材が手に入りやすくなったかと思うのですが、今回の名脇役のカイケム=鹹蛋(シェンタン)はあまり見かけないかもしれません。
カナダではローカルのスーパーマーケットにもたまに置いてある、割とポピュラーな食材です。
今回のメニューのようにイカと合わせて炒め物にするほか、お粥に入れると塩分と濃厚な卵の食感が合間ってとっても美味しいです。
また、タイではソムタムに入れたりと色々なメニューに活用されています。
日本ではアマゾンなどの通販で入手できるようなので是非お試しください。

このカイケム(シェンタン)は一般的にはアヒルの卵を塩漬けしたもので、生卵のものと茹でたものがあります。
今回使いますのは茹でた方のカイケムです。
一個ずつ真空パックになっていて日持ちがするので冷蔵庫に常備しておくと便利です。

そしてもう一つこのメニューの名脇役である、ナムプリックパオ。
こちらもタイ料理好きなら常備しておくと便利です。
蟹カレーで有名なプー・パッ・ポン・カリーもこのオイル部分をたっぷりと使っています。

調理のヒント

カイケムは普通のゆで卵のように殻をむくのは難しいです。
包丁で思い切って殻ごと割ってスプーンで黄身の部分を取り出すと簡単です。

シーフードを使ったタイ中華料理は時間が命!
ぐずぐずしていると火が通り過ぎてしまうので、カイケムと調味料を先に合わせてしまっておくと手早く仕上げることができます。

美味しくできたら@ontamakitchenをinstagramでシェアもしくはコメントしてもらえると嬉しいです!

それではレシピです。

プラームック・パッ・カイケム (Pla Meuk Phad Kai Kem/ปลาหมึกผัดไข่เค็ม)
Print Recipe
分量 下準備
2 人前 10分
調理 所用時間
5分 15分
分量 下準備
2 人前 10分
調理 所用時間
5分 15分
プラームック・パッ・カイケム (Pla Meuk Phad Kai Kem/ปลาหมึกผัดไข่เค็ม)
Print Recipe
分量 下準備
2 人前 10分
調理 所用時間
5分 15分
分量 下準備
2 人前 10分
調理 所用時間
5分 15分
材料
  • 250 g イカ
  • 2~3 カイケム (鹹蛋、シェンタン) (茹でたもの)
  • 1 小さじ 砂糖
  • 1/2 大さじ ナンプラー
  • 1 大さじ オイスターソース
  • 1 大さじ チリインオイル (ナムプリックパオ)
  • 2 大さじ 鶏がらスープ (小さじ1鶏ガラスープの素+大さじ2のぬるま湯)
  • 2 にんにく (みじん切り)
  • 1/2 玉ねぎ
  • 2 青ネギ
  • 1 生唐辛子 (省略可)
  • 1/4 赤ピーマン(パプリカ) (省略可)
  • 適量 パクチー (飾り用)
分量: 人前
作り方
  1. カイケムは包丁で殻ごと割ってスプーンで黄身だけを取り出す。
  2. 鶏がらスープ、オイスターソース、ナンプラー、砂糖、チリインオイルを加え、黄身をしっかり潰しつつよく混ぜ合わせておく。
  3. イカは輪切り。にんにくをみじん切りにする。玉ねぎやチリもしくはパプリカ、青ネギを食べやすい大きさに切っておく。
  4. にんにくと油(材料外)大さじ1をフライパンで火にかける。
  5. にんにくの香りが出てきたらイカを加える。
  6. イカに半分ほど火が通ったら、青ネギ以外の野菜と合わせ調味料を入れて焼く分中〜強火で全体に濃度が出るように絡める。
  7. 最後に青ネギをいれて混ぜ合わせ、お皿に持ってパクチーをかける。
レシピのメモ
  • 本来は辛味が少なくて大きな赤唐辛子の輪切りを使うのですが、今回はパプリカで代用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA