超手抜き料理ですが意外にイケます

2020年3月28日。
新型コロナウィルスの影響で自炊が続いています。

もともと料理が大好き!!!というわけではない私。
夫も自宅でのリモートワークに切り替わり、なんだか明けても暮れても料理している気分に。

たまにはレストランのデリバリーなどを楽しみたいところですが、なにせ田舎町の宅配リストにはファストフード店の名前がリストアップされている程度です⤵︎

食料品の買い出しも極力控えるように言われている現状、キャベツは日持ちしやすいのでお助けアイテムです。

そんなキャベツを使ったお好み焼きは、引きこもり生活にもぴったりなメニューかなとおもうのですが、粉の量を測って、あれこれ混ぜて、寝かせて(お好み焼きの粉は寝かせる派です)、飛び散った粉掃除して...
と正直面倒。

そんな中、ふと思いついたライスペーパーお好み焼き。

自分でいうのもなんですが、意外にイケます(笑)
よろしければ是非お試しください。

残念ながらカロリーはあまり変わりません

だいたいですが、お好み焼きに使われる小麦粉のカロリーは約100kcal。
ライスペーパーは1枚、約30kcal。
このレシピでは2枚使いますので計60kcalです。
気持ち「軽め」というところでしょうか?

その他の材料はほぼ同じな上に卵多めですのでカロリーオフはあまり期待できなさそうです。

天かすは冷凍庫保存で

こちらでは天かすはほとんど売っていませんので、天ぷらをした時に菜箸に衣をつけて油に振り入れて天かすを作るようにしています。

こうして作った天かすはしっかり油をきって冷凍庫で保存しておくとサクっとした感触が損なわれずいつでも使えて便利です。

グルテンフリーにも対応

天かすのことを書いたあとですが、この天かすを入れなければグルテンフリーになります。

お好み焼きソースは吟味が必要かと思います。
イカリのソースは小麦粉が入っていなさそうですね。

レシピ

ライスペーパーお好み焼き
Print Recipe
小麦粉を使わずライスペーパーで具材をサンドしたお好み焼きです。
分量 下準備
1枚分 20分
調理 所用時間
20分 40分
分量 下準備
1枚分 20分
調理 所用時間
20分 40分
ライスペーパーお好み焼き
Print Recipe
小麦粉を使わずライスペーパーで具材をサンドしたお好み焼きです。
分量 下準備
1枚分 20分
調理 所用時間
20分 40分
分量 下準備
1枚分 20分
調理 所用時間
20分 40分
材料
  • 2 ライスペーパー (22cm)
  • 200 g キャベツ
  • 100 g 豚薄切り肉 (バラ肉もしくはロース)
  • 2
  • 1 小さじ だし醤油
  • 適量 天かす
  • 適量 お好み焼きソース
  • 適量 マヨネーズ
  • 適量 鰹節
  • 適量 青のり
分量:
作り方
  1. キャベツをスライサーなどで千切りにしておく
  2. 卵にだし醤油を加えしっかり溶いておく
  3. フライパンに大さじ1の油をひき中火にかけ、ぬるま湯にくぐらせたライスペーパーを敷く。 ライスペーパーの上にキャベツ、天かすを乗せる。
  4. キャベツ全体に行き渡るように溶き卵をまわしかける。
  5. 薄切りの豚肉を乗せる。
  6. ぬるま湯にくぐらせたライスペーパーをかぶせて5分ほど焼く。
  7. フライ返しでひっくり返しさらに5分焼く。
  8. できれば蓋をして蒸し焼きにする。
  9. 再びひっくり返して余分な水分を飛ばすように5分焼く。
  10. ソースを全体に塗り、マヨネーズ、青のり、鰹節を振って食卓へ。
レシピのメモ
  • フライパンはノンスティック加工されているものがオススメです。
  • 熱々の状態のところにライスペーパーを入れてしまうと、丸まってしまうので、火をつけた後すぐに乗せるようにしてください。