牛の塊肉がお買い得だったらやっぱりコレ

もうネットでは出尽くした感のあるローストビーフのレシピですが、自分へのメモという感じでレシピを残したいとを思います。

使用した部位はトップサーロイン(ランプ)の塊になります。
お好みでトップラウンド(内もも)や、アイオブラウンド(外もも)などをお使いください。
今回の分量、焼き時間は1kgの塊の場合となっています。

ソースは和風たまねぎ味にしてみました。

定番のローストビーフのソースは赤ワインがベースのものが多いと思うのですが、今回はおろし玉ねぎとお酒、そしてお醤油で和風に仕上げています。

時間はかかるけど簡単です

こんな料理ブログを書きつつ本当に料理が苦手です。
とにかく、面倒臭がりな性分でできれば毎日外食したいです(が、和食は高級料理な位置付けのカナダでは厳しい...)
お料理の後の掃除も嫌いな性分。
大型のコンベクションオーブンもあるのですが、掃除が大変なのでもっぱら温度調整のできるオーブントースターで作っています。

調理のヒント

  • お肉は焼き始める2時間前には冷蔵庫から出して調味しておきます。
    焼きムラそして味ムラを抑えてくれます。
  • 焼いた時に流れ出た脂や肉汁はソースに使います。網付きのトレイで焼くと便利です。

ローストビーフ(Roast Beef)
Print Recipe
オーブンだけで焼き上げるローストビーフです
分量
4 人前
分量
4 人前
ローストビーフ(Roast Beef)
Print Recipe
オーブンだけで焼き上げるローストビーフです
分量
4 人前
分量
4 人前
材料
  • 1 Kg 牛かたまり肉 (ランプ、うちもも、そとももなど)
  • 10 g (できれば天然塩)
  • 適量 白胡椒
  • 4 にんにく
  • 1 大さじ オリーブオイル
玉ねぎソース
  • 1/4 たまねぎ (すりおろしておく)
  • 2 大さじ
  • 2 大さじ 醤油
  • 2 大さじ みりん
  • 1/2 小さじ 砂糖
  • 100 ml
  • 1 小さじ 片栗粉 (水で溶いておく)
  • 適量 肉汁
分量: 人前
作り方
  1. 牛塊肉は焼く2時間前には冷蔵庫から出しておき、タコ糸などで縛っておく(写真参照)
  2. にんにくを薄切りにし、満遍なく包丁の先で切り込みを入れそこににんにくを入れていく。 オリーブオイルを全体的になぜませたら塩、胡椒をふりラップをして置いておく。
  3. 肉を焼き網にのせ(トレイ部にクッキングシートを敷いておくと便利)、190℃(375℉)に余熱しておいたオーブンを肉をいれ30分焼き上げる。
  4. 30分たち、表面に焼き色がついたら107℃(225°F) に温度を落とし、さらに1時間半焼く。
  5. 焼き上がったら(できれば温度計で中心温度が57℃以上あるか測る)アルミホイルで包み30分寝かせる。
  6. トレイに残った肉汁をフライパンに移す。
  7. フライパンの肉汁にすりおろした玉ねぎ、酒、みりん、醤油、砂糖、水をいれ弱火から中火で沸騰させ、分量外の水で溶いておいた水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
  8. 30分寝かせた肉を好みの厚さに切りソースをかけて食卓へ。
レシピのメモ
  • ソースはお好みで酒を赤ワインに変えたりしてみてください。
  • 焼き上がりの寝かせが重要です。しっかり肉汁を落ち着かせてから切り分けてください。
  • 余ったお肉はナムトックにリメイクもお勧めです!