タイ中華の代表作プーパッポンカリー。
初めて食べた時の感動は今でも忘れられません(笑)
この蟹カレー、バンコクではソンブーンというお店が有名店でして、在住時代は日本からお客さまが来られた時には、必ずといっていいくらいお連れしていたのが懐かしいです。

さて私自身、普段のディナーやランチにこの蟹カレーを食べたいか?というと蟹を剥くは面倒だし、手はベトベトになるし、結構なカロリーなのか(あまり考えたくないですが・・・)ちょっと胸焼けすることもあり、有名店ソンブーンのものよりも、ローカルなお店の、あっさり系のパッポンカリーが好きだったりします。
そんなローカルなお店では蟹だけでなくエビやイカが具材のものもあり、私はもっぱらイカのパッポンカリーを注文していました。


こちらはパタヤのシーフード料理店プーペンというお店のプーパッポンカリー。
ソンブーンよりも食べやすいお味のように思います。


そんなプーパッポンカリー。プー(蟹)に囚われず、いろんなシーフードやチキンで気軽にお試しいただければと思います。

調理のヒント
  • 生の蟹だけでなく、茹でがにや剥き蟹でも美味しいです。
  • 蟹の種類は現地ではマッドクラブというものを使いますが、お好きなものでOKです。今回はストーンクラブの茹でたものを使用しました。

  • 具材は蟹のほかエビ、イカ、白身魚などのシーフード、また鶏胸肉も美味しいです。
  • チリオイルはあればいいのですが、なければナムプリックパオの上澄みの油部分を使うこともできます。
  • エバミルクはふつうの牛乳でも代用可能です。またお好みでココナッツミルクでも。
  • 玉ねぎのほか、パプリカやレッドチリ、中国セロリなどを加えて美味しいです。
  • 茹で蟹の場合は塩分が強いこともあります。蟹の塩分に合わせてオイスターソースの量を増減してみてください。(今回の分量は少し塩分控えめになっています)
  • 調理を開始したら時間勝負です。調味液、卵はしっかり混ぜ合わせて準備しておいてください。
  • またカレー粉はお好みのブランドをお使いいただけますが、現地タイではパッポンカリー用のカレー粉も存在します。
    現地に行った際に、また、お値段も手頃ですので、遊びにいかれた方もお土産としておねだりもいいかもです!(ただし瓶に入っているので重量がカツカツの方はご注意を)

【カレーパウダー】 プーンクァイ 瓶 50g / WAUGH'S インド インスタント レトルト エスニック アジアン 食品 食材 食器
created by Rinker
プーパッポンカリー(Stir Fried Crab with Curry Powder and Eggs/ปูผัดผงกะหรี่)
Print Recipe
蟹のほかエビ、イカ、白身魚などのシーフードでも美味しい、大人から子供まで楽しめるあまり辛くないカレーです。
分量 下準備
2 人前 30分
調理 所用時間
5分 35分
分量 下準備
2 人前 30分
調理 所用時間
5分 35分
プーパッポンカリー(Stir Fried Crab with Curry Powder and Eggs/ปูผัดผงกะหรี่)
Print Recipe
蟹のほかエビ、イカ、白身魚などのシーフードでも美味しい、大人から子供まで楽しめるあまり辛くないカレーです。
分量 下準備
2 人前 30分
調理 所用時間
5分 35分
分量 下準備
2 人前 30分
調理 所用時間
5分 35分
材料
  • 1 茹で蟹 (もしくはお好きなシーフードや鶏肉など)
  • 1/2 玉ねぎ
  • 2 青ネギ
  • 2 にんにく
  • 3
  • 1 大さじ サラダ油
調味液
  • 100 ml エバミルク (または牛乳かココナッツミルク)
  • 3 小さじ カレー粉
  • 1 大さじ オイスターソース
  • 1 大さじ 醤油
  • 1 大さじ ナムプリックパオ
  • 1 小さじ チキンパウダー
  • 50 ml
  • 1 大さじ シラチャソース (省略可)
  • 1 小さじ 黒胡椒
  • 1/2 大さじ チリオイル (ナムプリックパオの上澄みの油でも可)
分量: 人前
作り方
  1. 生の蟹の場合はしっかり甲羅をブラシなどで掃除し、食べやすいようにさばいておく。冷凍茹で蟹の場合は冷蔵庫で前日からゆっくり解凍し足の部分などの身を取り出し食べやすくしておく。
  2. みじん切りのにんにくとサラダ油をフライパンに入れ中強火にかける。
  3. 生の蟹の場合はフライパンに油を熱し、甲羅の色が赤くなるまで調理し、一旦取り出しておく。
  4. 油がふつふつと泡立ち、にんにくが香ってきたらさばいておいた蟹(もしくはお好みのシーフード)を投入する。
  5. 蟹(シーフード)全体に火が回ったら(調理のしすぎに注意)、玉ねぎと青ネギを入れる。
  6. 玉ねぎ青ネギを入れざっと混ぜ合わせたら調味液を入れ沸騰させる(約1〜2分)
  7. 大きな甲羅の部分などを一旦別皿に避ける。卵液を全体にまわしかけたら火を止め、かき混ぜながら余熱で火を通す。最後にチリオイルをまわしかける。
  8. お皿にもり、避けておいた部分を乗せて、ジャスミンライスなどとともに食卓へ。
レシピのメモ
  • 具材は蟹のほかエビ、イカ、白身魚などのシーフードまたは、鶏胸肉でも美味しいです。
  • チリオイルはあればいいのですが、なければナムプリックパオの上澄みの油部分を使うこともできます。
  • エバミルクはふつうの牛乳やココナッツミルクで代用可能です。
  • 茹で蟹の場合は塩分が強いこともあります。蟹の塩分に合わせてオイスターソースの量を増減してみてください。(今回の分量は少し塩分控えめになっています)
  • 調理を開始したら時間勝負です。調味液、卵はしっかり混ぜ合わせて準備しておいてください。
タイチリペースト 513g ナムプリックパオ メープラノム
created by Rinker
シラチャーソース 482g スリラチャソース シラチャ ホット チリソースアメリカではどこにいっても置いてあるというくらい定番の人工着色料フリーのHOTスパイシーソース狂的な信者もいるヤミツキ スリラーチャソースかわいいパッケージも◎
created by Rinker
T-fal(ティファール) 炒め鍋 28cm 深型 フライパン IH対応 IHハードチタニウム・プラス ウォックパン チタン エクセレンス 6層コーティング 取っ手つき C63019
created by Rinker
柳宗理 #1250 カニフォーク 183mm
created by Rinker