日本にいる頃にはあまり使わなかった牛スネ肉。
関西出身なのでどちらかと言うともっと安価な牛スジ肉が身近なお肉でした。
しかしながらこちらではスジ肉と言うものは売っていなくて代用品としてスネ肉を使うようになりました。
とはいえ、どうもいい使い道が定まらず・・・と、ご近所の台湾人奥さんにいただいた牛スネ肉の煮込みがとても美味しくって、自分でも作れないかと検索&模索してみました。
お肉がしっかり柔らかく味が染みるのに二日から三日かかります(&冷蔵庫の場所を取ります!)が、その分とても美味しいです。
ぜひお試しください。

 

調理のヒント

こちらのアジア系スーパーマーケットではこの煮込み用のスパイスセットが売っているのですが、簡単に五香粉でも美味しいです。

材料はだいたい日本でも揃うかなと思います。
唐辛子は生でも乾燥でも。
参考レシピにはお砂糖が入っていないのですが、少しコクにかけるのでこのレシピには追加しています。

牛スネ肉はカナダではBeef Digital Muscleという名称で売られています。
表面に脂があるのでそれを削ぎ落として使ってください。

牛肉麺

できたお肉は前菜やメインディッシュとして。
そしてもちろん有名な牛肉麺にも美味しいです。
本当はちゃんとスープは作るらしいのですが、簡単に煮汁をお湯で薄めてスープにして高菜を添えるだけでも十分美味しいです。
牛肉麺の麺には稲庭うどん(乾麺うどん)が美味しいです。

参考レシピ:小林&郭郭的小夫妻生活

美味しくできたら@ontamakitchenをinstagramでシェアもしくはコメントしてもらえると嬉しいです!

台湾風牛スネ肉煮込み (Taiwanese Braised Beef Shank/台式滷牛腱)
Print Recipe
分量 下準備
4 人分 30
調理 所用時間
50 3
分量 下準備
4 人分 30
調理 所用時間
50 3
台湾風牛スネ肉煮込み (Taiwanese Braised Beef Shank/台式滷牛腱)
Print Recipe
分量 下準備
4 人分 30
調理 所用時間
50 3
分量 下準備
4 人分 30
調理 所用時間
50 3
材料
  • 1 Kg 牛スネ肉
  • 100 ml 料理酒
  • 100 ml 醤油
  • 1/2 大さじ 黒胡椒
  • 1/2 小さじ 五香粉
  • 1 生姜
  • 1 唐辛子
  • 1 大さじ 豆板醤
  • 2 大さじ 砂糖 できればブラウンシュガーかロックシュガー
  • 700 ml
五香粉を使わない場合これらをだし用パックに入れる
  • 1 小さじ フェンネルシード (茴香)
  • 1 ベイリーフ (月桂樹)
  • 1 スターアニス (八角)
  • 1 シナモン (桂皮)
飾り用
  • 5 パクチー
分量: 人分
作り方
  1. 牛スネ肉は表面の脂肪を削ぎ、三分割する。
  2. 沸騰した湯で約3分下茹でする。
  3. 下ゆでした肉をざるに取り水洗いし、アクを綺麗に取る。
  4. 鍋に肉と調味料全て入れ強火で沸騰したら中火に落とし約30分煮込む。
  5. 火を落とし蓋をして完全に冷めたら冷蔵庫で一晩寝かせる。(スパイスパックを使った場合はここで取り除く)
  6. 表面に浮いて固まっている脂を取り再加熱。沸騰後中火に落として20分煮込む。
  7. 再びしっかり冷めるまで待ってから冷蔵庫で一晩。
  8. 食べる前に温め直し、粗熱が取れたら薄くスライスして食卓に。好みでパクチーやネギを散らす。
レシピのメモ
  • 食べきれない時はスライスして冷凍保存できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA