タイ東北地方の代表料理、ラーブ・ガイ(ลาบไก่)のレシピです。

すでにレシピにあげていますナムトックとかなり近いものですが、こちらのラーブ(ラープ)の方がお馴染みかなと思います。
材料さえ揃えばお鍋一つでできるお手軽料理です。ぜひお試しください。

今回はガイ=鶏肉ですが、豚肉や牛肉のひき肉でも美味しいです。
ちなみに私の一番好きなラーブはあひるのラーブ、ラーブ・ペッです。

 

材料はナムトックとほぼ同じです。

私のこだわりは普通レシピにはないのですが、お醤油を少し入れること。
お醤油を入れることによって深みが出るようになり、日本人の口にも合うラーブになるように思います。

調理のヒント

  • カオ・クアはこちらを参考に用意しておいてください。
  • パクチーファランとバイマックルーは手に入りにくいかと思いますが、これがあれば一気に本場の味になります。
  • ライム汁は普通のライムでもいいのですが、冷凍マナオジュースが日本では手に入るようです。また、北米ではキーライムが手に入りますので、こちらを使うとだいぶマナオに近いように思います。
  • 鶏肉は鶏ひき肉よりも包丁で細かく切ることをお勧めします。部位もレバーや砂肝などを混ぜると美味しいです。
  • 味付けはまず少なめから始めて味見をしつつ調整して行ってください。
  • ドライチリパウダーはタイ産のものがお勧めです。
  • 好みにもよるのですが、カオクアは最後に入れると風味よくカリカリとした食感が味わえるので日本人好みかな?と思います。

タイ産のドライチリパウダーはこちら北米でもなぜか手に入りにくいです。
一味唐辛子で代用できますが、タイ産の唐辛子の味はだいぶ違うように思います。
日持ちしますので、私はバンコクに行った際にまとめ買いしています。
バンコクに行く機会が無いという方は、値段も安い&一袋でだいぶ使えますのでバンコクに行く人がいればお土産におねだりするのもアリかと(笑)

ちなみに私はラーブが好きすぎて、タイハーブを自家栽培しようかと真剣に考えています(笑)

↑は今年のプレゼントにサンタさんにお願い中!(まだまだ先ですが...)

※こちらのレシピはバンコク在住時代に料理教室やタイ人から教わってよく作っていたものを主体にOntama流にアレンジしたものです。

ラーブ・ガイ (Larb Gai / THAI SPICY MINCED CHICKEN)
Print Recipe
タイ東北部イサーンの代表料理です
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
10分 40分
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
10分 40分
ラーブ・ガイ (Larb Gai / THAI SPICY MINCED CHICKEN)
Print Recipe
タイ東北部イサーンの代表料理です
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
10分 40分
分量 下準備
4 人前 30分
調理 所用時間
10分 40分
材料
  • 300 g 鶏肉 (胸肉、もも肉、砂肝、レバーなど)
  • 30 g シャロット又は赤玉ねぎ
  • 適量 ミント
  • 適量 青ネギ
  • 適量 パクチーファラン又はパクチー
  • 適量 バイマックルー(コブミカンの葉) (無くても可)
  • 1.5~2 大さじ ライムジュース
  • 1~2 大さじ ナンプラー
  • 1 小さじ 醤油 (省略可)
  • 1/2 大さじ ブラウンシュガー (普通の砂糖でも可)
  • 1 大さじ ドライチリパウダー (一味唐辛子)
  • 1 大さじ カオクア
付け合わせ
  • 適量 インゲン豆 (生、又はさっと茹でておく)
  • 適量 キャベツ (くし切り)
  • 適量 もち米もしくはジャスミンライス
分量: 人前
作り方
  1. 小鍋もしくはフライパンに少量のチキンスープもしくは水(分量外)を入れ沸騰させ、細かく刻んだ鶏肉を入れる。
  2. しっかり火が通るまで肉を混ぜ、水分を飛ばす。
  3. 肉に火が通ったら火を消しナンプラー、醤油、砂糖、ドライチリパウダー、ライムジュースを加え、シャロットを入れる。
  4. 粗熱が取れたら青ネギ、パクチーファラン(パクチー)、バイマックルーを入れ、最後にカオクアを加えて混ぜ合わせる。
  5. お皿に盛ったら最後にミントを散らして完成。付け合わせの野菜と共に食卓へ。
レシピのメモ
  • カオ・クアはhttp://ontama5.com/recipe/toasted-rice-powder/を参考に用意しておいてください。
  • パクチーファランとバイマックルーは手に入りにくいかと思いますが、これがあれば一気に本場の味になります。
  • ライム汁は普通のライムでもいいのですが、キーライムが手に入ればこちらを使うとだいぶマナオに近いように思います。
  • 鶏肉は鶏ひき肉よりも包丁で細かく切ることをお勧めします。部位もレバーや砂肝などを混ぜると美味しいです。
  • 味付けはまず少なめから始めて味見をしつつ調整して行ってください。(レシピのチリの量は結構辛めです)
  • ドライチリパウダーはタイ産のものがお勧めです。
  • カオクアは最後に入れると風味よく仕上がります。

コメントを残す